鷹ノ巣山 日帰り登山 3月15日 ①

こんにちは~!

仕事が立て込んで更新が出来ておりませんが、鷹ノ巣山の記録を更新します!

【コースタイム】

7:10東日原BS発⇒8:11稲村岩⇒10:00鷹ノ巣山への最後の急登手前⇒10:40鷹ノ巣山頂上⇒11:40下山開始⇒12:56頃六ツ石山分岐⇒14:16登山道出口⇒奥多摩駅(徒歩)

すいません。奥多摩駅まで徒歩で帰ったのですが着いた時間の記録が残ってませんでした。

そして今回Garmin Etrex 30J(GPS)を買っての初の登山でした。登山出口から奥多摩駅までのコースレコードを自分の操作ミスで消しちゃいましたが、登山出口までの記録は以下の通りです!

鷹ノ巣山グラフ

鷹ノ巣山地図

GPSの記録では移動距離15.3km、累計上り1,446m累計下り1,571mでした。

今回の東日原BSから鷹ノ巣山へ上るルートは「奥多摩三大急登」のひとつらしいです。あと2つはどこなのか。是非調べてみてください(意味深?)

東日原(ひがしにっぱら)BSは今までの登山トイレの中でダントツで一番綺麗です。しかも便座が暖かくなる機能付き!

20150315-DSC_9637

東日原BSを出発してすぐに案内板に到着するので案内に従い左へ階段を下っていきます。

20150315-DSC_9639

橋を渡って本格的な登山道となります。この橋を渡るときに早速鷹と遭遇しました!!!さすが鷹ノ巣山!!!カメラに収めることはできませんでしたが、初っ端からの遭遇で自然の鷹を撮れる事ができるかなと期待が膨らみましたが結局このチャンスだけで鷹と遭遇することはありませんでした・・・

20150315-DSC_9642

まずは稲村岩へ向かいますが、まだ急登には出くわしません。稲村岩の後が「奥多摩三大急登」の本領発揮となります。

20150315-DSC_9644

途中登山道が少し分かりづらくなるところがありました。(個人的に)しかし、下記の通り岩に赤印が示してくれていました。分かりにくいところには木か岩に赤の印がどこかにあるので探してください。

20150315-DSC_9646

20150315-DSC_9648

沢と対岸へ渡ると書かれてますが、夏は川になってるのかな?

20150315-DSC_9649

稲村岩の手前から雪がちらほら見え始めます。

20150315-DSC_9654

8:10稲村岩(手前)に到着です。稲村岩へ上る道と鷹ノ巣山へ行く道の二手に分かれます。

稲村岩も景色が良いと聞いていたのですが、「三大急登」が待ってますので自分の体力と相談して稲村岩へは行きませんでした。

20150315-DSC_9658

20150315-DSC_9655

こちら側が鷹ノ巣山への道となります。

20150315-DSC_9660

8:38だんだん積雪が出てきます。3月なのにまだ残ってるんだ!奥多摩なめてました。

20150315-DSC_9663

積雪はだんだん深くなっていきます。写真がほとんど同じように見えますが、坂を登っては同じような景色、登ってはまたまた同じような景色・・・が繰り返してるだけです。

20150315-DSC_9667

途中でキツツキを発見しました!「コンコンコンコン」本当に木を突いてました!木を突く音が結構聞こえてきて激しかったです。

首痛くならないのかな?

20150315-DSC_9673

積雪も目に見えて明らかに増えてますよね。すでにアイゼンは着けております。

20150315-DSC_9675

「急登」が続き、そろそろ勘弁してくれというところでやっと鷹ノ巣山が姿を現してくれました。

GPSによりこれが鷹ノ巣山という事が分かり、最後なのでもう少し頑張ろうと思えました!

ここから最後の一番激しい「急登」になり、休める平地がないので、体力回復はここがおすすめです!!

20150315-DSC_9677

鷹ノ巣山地図(頂上手前)

そして最後の力を振り絞り、頂上に辿りつきました!

20150315-DSC_9684

20150315-DSC_9687

あれ?何度も連呼していた「奥多摩三大急登」の「急登」の写真は無・い・の・か!!?

・・・すいません。。。ガチでしんどくて「急登」を登ってる最中は写真撮ろうという心の余裕がまったく無かったです(笑)

写真を撮れていないというのが「奥多摩三大急登」の証明です!!!

本当は頂上から富士山が見えるのですが、あいにくの天気で富士山は隠れておりました。(登る前から天気予報を見て期待はしていませんでしたが)

20150315-DSC_9685

ただ頂上は広くて富士山方面に開けているので皆で登って富士山を見ながら鍋パーティーとかも可能です!!!

今度は皆で登って「急登」を写真に収めて鍋パーティーと行きたいですね!

道中の景色は同じような風景が続いて夏だと葉っぱで結構閉塞感がありそうですが、頂上の景色および次回記録する下山時の尾根は「ここ東京か!?」と思わせるほど良いです!

さてさて、今日テント装備一式も買っちゃったので、今年中には東京で最も高い雲取山にも行きますか!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です