大岳山(ロックガーデン)・日の出山 日帰り登山 6月13日 2

ども!こんにちは。それでは前回大岳山登頂まで日記をつけたので、今回は大岳山⇒ロックガーデン⇒日の出山⇒つるつる温泉までを書きます!

今回の大岳山日記ですが、その1を既に友人Kは見てくれていて、職場で今回結構時間掛かってるねという話題になりました。

確かに距離的には以前登った高川山・九鬼山・御前山登山のほうが長いのに今回のほうがたぶん2時間くらい長くかかってます。

その原因の一つとしてザックが重過ぎるのだと思います。今回暑くなるかなと思い、水分を5ℓ持っていったのでカメラと合わせて約7kgとなります。(メタボじゃない普通の人はこんなに水分いらないと思います。自分はメタボで心配性なので)

出発前にザックを体重計に乗せるとなんと14.6kgほどありました。テント泊の重さですよね。。(ストックもザックにしまっての重さですが)

水分とカメラ以外にあと約7kgも何を持っていってたんだという感じです。(体重計の計測ミスも否めませんが)

 時間ある時に持っていくもの見直さないとですね。(今度機会があれば荷物見直す編も更新したいと思います。)

11:50お昼ご飯も食べてコーヒーも飲み、大岳山山頂を出発です。

20150613-DSC_0243

大岳山は鋸山方面、ロックガーデン方面どちらとも山頂直下は急な岩場があります。しかし何度も言うようですが小学生でも登っているので特に身構える事は無いと思います。

20150613-DSC_0244

山頂から下ってすぐに大岳山荘(休業中)に到着です。トイレがありますが使ったこと無いのでどんな感じかは分かりません。

ただ中は暗いらしく、ヘッドライトがあったほうが良いみたいです。

20150613-DSC_0246

そしてロックガーデンから大岳山に向かう場合、この大岳山荘に到着する前の道に岩場・鎖場があります。

今となってはどうってことないのですが、初めての登山でここにきた時には自分物凄く怖がりなので「まじかよ・・・落ちたら死にそうやん。こんなの調べてても書いて無かったよ・・・」っと結構ここで心が折れそうになったので、出来る限り撮ってきました。たぶん普通の人は初めての登山でも別に普通だと思うのですが、自分みたいな怖がりの人用にあつくここは写真載せます。

 20150613-DSC_0248

大岳山へ行く方向の場合の方が怖かったかな。

20150613-DSC_0250

ただ何度も言いますが小学生でも行けてるので、そんなに身構えなくて大丈夫です。

20150613-DSC_0251

この写真以外にもなんでこんな所に鎖が?いらなくない?というところに鎖がありますが、おそらく鎖があるところは実際に滑落があったんだと思います。

なので油断だけはしないほうが良いと思います。

20150613-DSC_0252

鎖場以外は今までの登山道と変わらず・・・というよりもみたけやま駅~大岳山ルートの方が登山道はより整備されていると思います。

奥多摩~大岳山も普通に良く整備されてますがより良くという感じですね。

20150613-DSC_0253

12:35途中に奥多摩の鍋割山・奥ノ院ルートとの分岐点となります。(GPSだと写真を撮った時間の位置が少し手前の表示ですね。)

奥ノ院ルートは他の方のブログで景色が物凄く良いですが結構怖そうなルートという記憶があります。

ここはロックガーデンに行きたいので御岳山・岩石園ルートを選びます。

20150613-DSC_0254

20150613-DSC_0255

大岳山地図途中2

12:39またまた分岐点です。もちろんロックガーデン(岩石園)方面に行きます!

ここでもGPSのログだと少し手前ですね。時間は写真を撮ったカメラの時間を表示しているのですがもしやカメラの時間が少し遅れているのかな・・・

また今度しらべます。

20150613-DSC_0256

20150613-DSC_0257

大岳山途中3

この橋が見えたらもうすぐロックガーデンに行くかどうかファイナルアンサーの分岐点へ着きます。

実は鋸山へ向かう途中一度物凄くマンガのように転んでお尻を強打していました。

そのせいなのか、大岳山から下山しようとしている頃から腰が少し痛くなりまして、あと体力的にもつかなという思いからずっとロックガーデンに行くかどうか迷っていました。

ロックガーデンは下記地図グラフの通り約100m下って100mまた登るような感じなんですよね。

ロックガーデンに行かずに御岳山に帰るルートだとほぼほぼ平坦もしくは若干下るような感じで疲れないルートなんですよね。

(両方のルートを去年行きはロックガーデンルート、帰りはそうじゃないルートで帰ったので実体験です)

なので物凄く迷いました。

20150613-DSC_0259

大岳山途中4

12:52 ロックガーデンに行くか、このままほぼ平坦な道で御岳山まで行くかどうかの分岐点です。写真右に下っていくとロックガーデンです。

本当は休憩小屋もあるのですが人が多くて撮るのをためらって写真に残ってません。

このまま平坦な道で帰ると本当に同じような木々に囲まれた風景しか見ずに終わっちゃうのでここは岩石園に行こう!と決心しました!

20150613-DSC_0260-Edit

みたけやま駅から出発するとロックガーデンのゴールが約10mの落差がある「綾広の滝」ですが、大岳山から向かうと出発地点がこの「綾広の滝」になります。

スケールはあんまり大きくないですが良い感じの雰囲気です。

大きいほうの写真は去年三脚持って行ってスローシャッターで撮った写真です(三脚使ったのにブレブレですが)。

20150613-DSC_0265-Edit

20140712-DSC_8018

 その前に、御岳山は「名木巡り」も紹介しておりまして、こちら樹齢推定300年の「お浜の桂」です。

十番という事は少なくともあと9つあるんですね。

20150613-DSC_0269

さて!それでは待ちに待った(?)ロックガーデンです。

基本的に大岳山へ向かう(綾広の滝へ向かう)方向に見た方が見栄えが良いので、以下の写真は全て大岳山方面へ向かう方向に撮っております。

20150613-DSC_0273

岩石園となっておりますが、人が手入れをしている訳ではないと思いますので、流木とか枝が散らばってたりしている所が多々あります。

20150613-DSC_0275

岩に苔がいっぱい着いて、岩苔が好きな人には良い感じだと思います。

20150613-DSC_0276

また涼しい秋にでもゆっくり散策したいですね。秋になったらまた違う風景になっているのかな。

20150613-DSC_0288

やっぱり落ち葉は年から年中あるのかな?

岩と苔と水だけ!は人が一生懸命掃除しないと見れないのかな。

20150613-DSC_0328

去年は梅雨明けの7月に登ったので水量はもっと多かった気がします。

20150613-DSC_0329

ロックガーデンは人がいっぱいいました。みんな大岳山まで行くのかな?

20150613-DSC_0348

 っと以上でロックガーデンの様子は終了です。自然の庭って感じで「綺麗」って感じではないですが、自然を満喫できると思います。

そしてロックガーデンへ行く際に約100m程下っているのでこの後もちろん登り直します。

ただこのロックガーデン⇒御岳山までの登山道も今までの登山道とほとんど見た目変わらず整備された登山道が続きます。

そして写真と撮り忘れました。。。

13:55登山道出口までワープです!登山道を出てすぐに茶屋の誘惑が待っております。

20150613-DSC_0359

何とか茶屋の誘惑を振り切って、日の出山に向かうため一旦神社に入ります。(みたけやま駅に向かうルートと同じです)

すると何やら祭りみたいな太鼓の音が・・・獅子舞をやってました。

20150613-DSC_0363-Edit

獅子舞をやっていただけで特に祭りというわけではなかったです。

しかし、日の出山へ向かうには神社を抜けて、この昔懐かしい雰囲気のある商店街の誘惑にも打ち勝たないといけません!!

立ち寄ってしまったが最後、日の出山へ向かう気力は無くなってしまうと思います。(時間的にも)

20150613-DSC_0368

この商店街を通り過ぎるとやっとみたけさん駅と日の出山の分岐路となります。

20150613-DSC_0369

みたけさん駅への道は賑わってますね~

みたけさん駅の周辺にも御蕎麦屋さんとかあるので、ここでビールをくいっとやって帰るって言うのもアリですね~

20150613-DSC_0370

それに対して日の出山へいく道はというと・・・

20150613-DSC_0371

人の気配がない寂しい感じです。ただ日の出山へ行くとつるつる温泉が待ってます!!!

温泉入ってビールをくいっと。腰と膝も若干違和感が出始めましたが、温泉ビールのために日の出山に行きます!

20150613-DSC_0373

 登山道は今までと変わらず歩きやすい道です。

20150613-DSC_0374

14:43歩いて30分程で日の出山手前の東雲山荘に到着しました。トイレもあります。

写真の通り結構人がいて、実は登山道に入ってからは結構な人とすれ違いました。また自分の後続でぞくぞくと8人くらいは登ってました。

結構日の出山も人気なんですね。

20150613-DSC_0375

20150613-DSC_0376

こっから2、3分で日の出山山頂に到着です!

20150613-DSC_0379

あいかわらず曇りでこの時は景色全然ですが、山頂は木に遮られてないので晴れだとよい風景が見れると思います。

また山頂は広くてベンチとかいっぱい置いてあるので、ここで皆で豪華な昼飯も作れたりすると思います。

20150613-DSC_0380-Edit

さてさて、曇りで景色も良くないので、さっさと温泉ビールに行きましょう!!

東雲山荘の地点からもつるつる温泉の道標がありましたが、山頂からも下の写真の道標(三室山・二俣尾駅行き)を下っていくとつるつる温泉への下山ルートに行けます。

20150613-DSC_0378

良く整備された登山道ですね。

20150613-DSC_0381

確か5分くらいで以下の分岐点に到着します。

ここでつるつる温泉に行くには上養沢バス停・金比羅尾根方面に下山していきます。

20150613-DSC_0382

3分ほどでまたまた道標へ。上養沢バス停方面へ下山していきます。

20150613-DSC_0384

するとやっとつるつる温泉行きの道標がでてきます!

あと2.5キロ・・・

20150613-DSC_0387

途中日本武尊が蝦夷征伐の帰りに顎をかけて関東平野を見渡したと伝えられている顎掛岩があります。

この岩からどれくらい日本武尊さんが巨大だったのかを想像すると、そんなに大きくなくて関東平和を見渡せるほどの巨体ではないような・・・

20150613-DSC_0388-Edit

特に登山道は変わらず安全な道をひたすら下っていって、

15:57登山道出口に到着です!まだ1.5キロもあるのか・・・

20150613-DSC_0389

16:15つるつる温泉に到着しました!

温泉はお肌がぬるぬるするやつでいかにも温泉みたいなやつで自分の大好きな泉質でした!!

ご飯はパノラマ食堂と畳の部屋どちらかで食べれます。

パノラマ食堂は窓はあるけど、窓からの景色は何も感動しない感じなので(下の写真がパノラマ食堂です)、みんなで行ったら畳の部屋でわいわいやるのがいいと思います。

逆にパノラマ食堂は一人で椅子に座って食べれるスペースがあったので、御一人様はパノラマ食堂がいいと思います。

20150613-DSC_0392

20150613-DSC_0391

さてこれで大岳山リベンジ編終了です!!!

みたけさん駅から大岳山へ行ってそのままピストンで戻っていくルートは始めての登山の方にお勧めです!!

今回は自分が1年間でどれだけ成長したかを判断するためにあえて面白くないルートで行きましたが、

途中のロックガーデン、そして少々の岩場を経験できて運がよければ大岳山からも良い景色が楽しめると思いますのでこれから登山を始めようと思う方は是非大岳山へ!!

逆にある程度登山の経験ある方は、今回の自分のようなルートにすれば歩き応えが少しはあると思いますし、最後は温泉ビールも楽しめますので是非このルートで!

それでは梅雨で全然これ以降登れてませんが、また登ったらアップしたいと思います。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です